リサーチ概要

テーマ インターディシプリナリティ:東日本大震災以降の日本のパフォーミング・アーツの状況の調査
内容 日本大震災以降の日本のパフォーミング・アーツの状況について、現代演劇や舞踊だけでなく、美術や建築、音楽、ファッション等のジャンルの芸術分野を含め、日本の若い世代のアーティストに着目し、日本の舞台芸術の新しい方向性を包括的に調査した。

活動実績

2012年10月13日 来日         
2012年10月14日‐12月4日  - 舞台芸術関係者やアーティストとの面会、インタビュー
- 東京文化発信プロジェクト 国際招聘プログラム参加(10月21日-29日)
- フェスティバル/トーキョーや国東半島アートプロジェクト、その他の公演の観劇等
2012年11月13日 パブリックトーク 森下スタジオ
2012年12月5日 帰国

パブリックトーク

パブリックトーク開催概要

日時 2012年11月13日(火) 19:00-21:30
場所 森下スタジオ Bスタジオ
タイトル 「スイスのドラマトゥルク、演劇批評家から見た日本の舞台芸術の状況」

パブリックトークの内容

チェルフィッチュ、快快、庭劇団ペニノ、contact Gonzo、悪魔のしるしなどの日本のアーティストが招聘されたチューリヒ国際舞台芸術祭テアター・シュペクターケルの活動についてのプレゼンテーション後、スイスで活動するドラマトゥルク、演劇批評家の視点から、滞在期間中の鑑賞体験を中心とした日本の舞台芸術の状況について、参加者とともに議論を深めた。
パブリックトークのプレゼンテーション全文