リサーチ概要

テーマ 国境を越えたエンターテイメントの策略:何が上演され、誰が上演し、誰が観ているのか?
内容 国境を越えたエンターテイメントをテーマに、フィリピン系日本人または日本に居住するフィリピン人のエンターテイナーについて、その社会的、文化的、歴史的な背景や労働環境、エンターテイナーとしてのアプローチに関するリサーチを行った。滞在中、フィリピン人のエンターテイナー、向島の花街や秋葉原のメイドカフェ等を訪問。また、日本舞踊の稽古に参加した。そして、日本におけるエンターテイメント業界の「女性らしさ」を表す様々なパフォーマンスを身体表現として考察した。

活動実績

2014年10月13日
来日
2014年10月14日‐11月26日 アーティストや舞台芸術関係者、エンターテイナーと面会
日本舞踊の稽古に参加
フェスティバル/トーキョーや劇場で観劇 など
2014年10月28日 パブリックトーク 森下スタジオ
2014年11月25日 ショーイング 『HOST』 森下スタジオ
2014年11月27日 帰国

パブリックトーク

パブリックトークの開催概要

日時 2014年10月28日(火) 19:00-20:30
場所 森下スタジオ Cスタジオ
タイトル 「マージナルな身体と国境を超えるエンターテイメント」

パブリックトークの内容

アイサ・ホクソンの過去の作品について解説していただくとともに、ヴィジティング・フェローでのリサーチのテーマである「国境を超えるエンターテイメントの策略」についての構想をプレゼンテーションした。
パブリックトークのプレゼンテーション全文

ショーイング:ワーク・イン・プログレス

開催概要

日時 2014年11月25日(火) 開場18:30 開演19:00
場所 森下スタジオ Aスタジオ
タイトル 『HOST』  (コンセプト・振付・出演:アイサ・ホクソン)

ショーイングの内容

「女性の労働者はパフォーマンスで何を明らかにし、何を秘密にしているのだろうか。労働者として女性らしさを表現しているのであれば、そのパフォーマンスにはいつ終わりがあり、いつ現実が始まるのだろうか」という問いをもとに、ホステスが従事するエンターテイメント業界の「女性らしさ」を表す様々なパフォーマンスを身体表現として考察し、創作過程の一つの取り組みとしてワーク・イン・プログレスを提示した。