リサーチ概要

テーマ From the page to the stage: 日本のオルタナティブからの新しい劇作
内容 日本の現代演劇で取り上げられるテーマや論点とともに、コミュニティ、移民、ジェンダー、アイデンティティ等のマイノリティ(少数派)の芸術活動についてリサーチを行った。滞在中、劇作家や演出家、翻訳家、関係者との面会の他、日本に居住する外国人や日雇い労働者と協働するNPOを訪問してネットワークをつくり、ディアスポラ(母国を離れて暮らすコミュニティ)から芽生える現代の舞台芸術について考えるワークショップを行った。

活動実績

2014年8月9日 来日
2014年8月10日‐9月25日 アーティストや舞台芸術関係者、アートNPOの主宰者と面会
京都、大阪、神戸、富山等視察
SCOTサマーシーズン2014や劇場で観劇 など
2014年9月5日 パブリックトーク 森下スタジオ
2014年9月20日・21日 ワークショップ 森下スタジオ
2014年9月26日 帰国

パブリックトーク

パブリックトークの開催概要

日時 2014年9月5日(金) 19:00-20:30
場所 森下スタジオ Sスタジオ
タイトル 「Doomed by Hope: Masrah Ensembleとベイルートで演劇をつくること」

パブリックトークの内容

アラブの春以降、政治や社会の急激な変化に揺れる中東諸国の中で、劇団「Masrah Ensemble」とともに、どのようにアラブ圏のアーティストとコラボレーションを行い、また、演劇を実践しているのかについて、これまでの舞台作品やワークショップ等の事例を交えてプレゼンテーションした。
パブリックトークのプレゼンテーション全文

ワークショップ

開催概要

日時 2014年9月20日(土)・21日(日) 14:00-17:00
場所 森下スタジオ Sスタジオ
タイトル 「Performing Arts from Diaspora:ディアスポラの舞台芸術」

ワークショップの内容

言語的にマイノリティの立場にいる人々によるフォーマルまたはインフォーマルな演劇活動について、これまでの活動のストーリーや情報を共有し、多様なディアスポラ(母国を離れて暮らすコミュニティ)から芽生える現代の舞台芸術について考えるワークショップを行った。