リサーチ概要

テーマ ヨーロッパにおける日本の演劇のキュレーション:文化の移動と翻訳の問題
内容 日本の演劇とパフォーマンスに関連する日本文化の知識を深めることを目的し、アーティストの創作方法やプロセス、美学についてリサーチを行った。滞在中、若手を中心に数多くの劇作家や演出家と面会を行い、将来、自身のフェスティバルへの招聘の可能性を検証した。

活動実績

2015年10月19日 来日
2015年10月20日‐11月14日  アーティストや舞台芸術関係者との面会
フェスティバル/トーキョーや関連公演、その他の劇場の公演を鑑賞
京都を訪問し、アーティストや舞台芸術関係者と面会
2015年11月11日 パブリックトーク 森下スタジオ
2015年11月15日 帰国

パブリックトーク

パブリックトークの開催概要

日時 2015年11月11日(水) 19:00-20:30
場所 森下スタジオ Sスタジオ
タイトル 「私たちが共有する未来 フェスティバル・テアターフォルメンのアジア演劇の今日と明日」

パブリックトークの内容

ドイツの観客に向けた日本を中心とするアジアの演劇のプログラムのキュレーションの可能性と課題についてフェスティバル・テアターフォルメンを事例にプレゼンテーションを行った。
パブリックトークのプレゼンテーション全文