home
THE SAISON FOUNDATION
最新情報
助成申請
セゾン・アーティスト・イン・レジデンス
本年度の事業
森下スタジオ
viewpoint
セゾン文化財団について
過去の事業検索
アクセス
リンク
助成対象者向け書類ダウンロード
ヴィジティング・フェロー
選考過程・選考基準
申請手続き
募集要項

ベギュム・エルジヤス

(トルコ/ベルギー) 

振付家
2017年10月25日(水)−12月13日(水) 滞在

リサーチ概要

テーマ:

Handling the Invisible:物に意味や価値、生命を与えるコミュニティの催事や儀式のリサーチ

内容:

物に意味や価値、生命を与えるコミュニティの催事や儀式や、最新のロボットと人間の関係についてリサーチを行った。滞在中、人形供養や針供養の催事に参加したほか、最新のロボットを紹介するラボやイベントを訪問し、関係者へのインタビューを行った。

活動実績

2017年10月25日

来日

2017年10月26日‐12月12日

人形供養や針供養の催事に参加
最新のロボットを紹介するイベントやラボを訪問
アーティストや舞台芸術関係者と面会

2017年11月9日

パブリックトーク 森下スタジオ

2017年12月13日

レジデンス終了

パブリックトーク
パブリックトークの開催概要

日時

2017年11月9日(木) 19:00-20:30

場所

森下スタジオ Cスタジオ

タイトル

「Handling the Invisible」

パブリックトークの内容

クンステン・フェスティバル・デザールで発表した『Voicing Pieces』等の代表作とともに、セゾン・アーティスト・イン・レジデンスでのリサーチ「Handling the Invisible」(物に意味や価値、生命を与える催事や儀式)をもとにした新作の構想についてプレゼンテーションを行った。

プロフィール 英語表記:Begum Erciyas
トルコのビルケント大学で分子生物学と遺伝子学を学び、その後、ザルツブルク・エクスペリメンタル・アカデミー・オブ・ダンスでダンス・振付を専攻。 最新作、「Voicing Pieces」(2016)を、クンステン・フェスティバル・デザール(ベルギー)、Steirischer Herbst:シュタイヤーマルクの秋(オーストリア)、パクト・ツォルフェライン(ドイツ)、Homo Novusフェスティバル(ラトビア)等で発表。そのほか、ベルリンの国際ダンスフェスティバル「TANZ IM AUGUST」やマルタ・フェスティバル(ポーランド)、カンプナーゲル(ドイツ)、HAU(ドイツ)、カイシアター(ベルギー)等で作品を発表した経歴を持つ。また、アカデミー・シュロス・ソリチュード、K3-タンツプラン・ハンブルグ、ヴィラ鴨川等のレジデンシーに滞在。



PDF をご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の Adobe(R) Acrobat(R) Reader が必要です。

ページトップへ

公益財団法人セゾン文化財団
search contact sitemap privacy policy