home
THE SAISON FOUNDATION
最新情報
助成申請
セゾン・アーティスト・イン・レジデンス
本年度の事業
森下スタジオ
viewpoint
セゾン文化財団について
過去の事業検索
アクセス
リンク
助成対象者向け書類ダウンロード
ヴィジティング・フェロー
選考過程・選考基準
申請手続き
募集要項

チョイ・カファイ

(シンガポール)

アーティスト
2017年7月18日(火)−8月20日(日) 滞在

リサーチ概要

テーマ:

Unbearable Darkness: 日本国内外での舞踏のレガシーと重要性

内容:

 

舞踏のレガシー、現代における重要性や将来の可能性を探ることを目的とし、土方巽、東北、シャーマニズムをテーマにしたリサーチを行った。滞在中、青森県の恐山大祭を訪問し、映像を製作。慶応義塾大学の土方巽アーカイブを訪問してインタビューを行い、また、日本の振付家、ダンサー、捩子ぴじんと新作の構想を試行する共同作業を行った。

活動実績

2017年7月18日

来日

2017年7月19日‐8月19日

青森県の恐山大祭を訪問し、映像を製作
慶応義塾大学の土方巽アーカイブを訪問
日本の振付家、ダンサー、捩子ぴじんと共同作業
アーティストや舞台芸術関係者と面会

2017年8月4日

パブリックトーク 森下スタジオ

2017年8月20日

レジデンス終了

パブリックトーク
パブリックトークの開催概要

日時

2017年8月4日(金) 19:00-20:30

場所

森下スタジオ Bスタジオ

タイトル

「Unbearable Darkness Research」

パブリックトークの内容

2016年から始めた舞踏に関する日本とヨーロッパでのフィールド・リサーチについて、「土方の魂を探る」、「身体を切り裂く風(細江英公の写真集『鎌鼬』の撮影を目撃した当時の子どもたちの証言)」、「国際的な舞踏の伝道者(日本の社会・政治的文脈から越境し、発展したヨーロッパの舞踏の方法論)」の視点から解説するプレゼンテーションを行った。

プロフィール

英語表記:Choy Ka Fai
シンガポール生まれ。英国、Royal College of Artでデザイン・インタラクションを専攻し、修士号を取得。主な作品に、アジアの88名の振付家やダンサーを取り上げた『Soft Machine』や、人間の筋肉の記憶を電気信号に変換してピナ・バウシュや土方巽の動きの再現を試みたパフォーマンス作品『Notion: Dance Fiction』がある。
日本では、Kyoto ExperimentやTPAM in 横浜、フェスティバル/トーキョー、東京都現代美術館等で作品を発表。また、Singapore Arts Festival(2012)、Tanz Im August(2013、2015)、ImPulsTanz Festival Vienna(2015)等、世界の有数のフェスティバルで作品を発表している。



PDF をご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の Adobe(R) Acrobat(R) Reader が必要です。

ページトップへ

公益財団法人セゾン文化財団
search contact sitemap privacy policy