home
THE SAISON FOUNDATION
最新情報
助成申請
セゾン・アーティスト・イン・レジデンス
事業の内容
森下スタジオ
viewpoint
過去の事業検索
セゾン文化財団について
法人賛助会員の募集
アクセス
助成対象者向け書類ダウンロード
ヴィジティング・フェロー
選考過程・選考基準
申請手続き
募集要項

Bloom Up Residency 交換プログラム

提携機関:RODEO(ドイツ)

2018年6月1日(金)-6月18日(月)

日本滞在

2018年9月24日(月)−10月14日(日)

ドイツ滞在

事業概要

セゾン文化財団とミュンヘンの舞台芸術フェスティバル、RODEOの実施するレジデンシー・プログラム「Bloom Up Residency」との交流事業。 2018年6月、2016年度にヴィジティング・フェローとして来日したヤナ・トネスが主宰するパフォーマンス・コレクティブ、THE AGENCYを招へい。滞在中、新作、『Take it like a man − an alternative contemporary men’s movement』(男なら男らしくしろ − 現代の新しい男性運動)の構想を発展させるため、草食男子や絶食系男子、ジェンダーレス男子等、日本における新しい男性のあり方や男性運動のリサーチを支援した。

2018年9月、ミュンヘンの舞台芸術フェスティバル、RODEOの実施するレジデンシー・プログラムに映像作家、東加奈子を派遣し、THE AGENCYとの共同制作を支援した。

参加アーティスト

  • THE AGENCY ドイツ パフォーマンス・コレクティブ
  • 東加奈子 映像作家
パブリックトーク
・開催概要

日時:

2018年6月6日(水) 19:00-20:30

場所:

森下スタジオ Sスタジオ

・パブリックトークの内容

THE AGENCYの過去の代表作とともに、現代の新しい男性のあり方や男性運動をテーマとする新作、『Take it like a man − an alternative contemporary men’ s movement』の構想を紹介するトークを行った。

参加アーティスト・プロフィール

THE AGENCY

2015年、設立。Magdalena Emmerig、Belle Santos、Rahel Spo¨hrer、Yana Tho¨nnesの4人を中心メンバーとして活動。これまでに美術家のナイル・ケティングや振付家・ダンサーのジェレミー・ネッドがプロジェクトに参加している。

「100 °Berlin Festival 2015」で審査員賞を受賞した『better trigger(『ASMR Yourself』に改題)』を、HAU(ベルリン)やPACTツォルフェアライン、ミュンヘン・カンマ―シュピーレで発表。2017年、バーゼルの舞台芸術フェスティバル、Treibstoff Theatertage Baselで『Medusa Bionic Rise』を発表し、2018年、ミュンヘン・カンマ―シュピーレで『Perfect Romance』を発表した。主に演出を担当するヤナ・トネスは昨年、セゾン文化財団のヴィジティング・フェローで来日した。



PDF をご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の Adobe(R) Acrobat(R) Reader が必要です。

ページトップへ

公益財団法人セゾン文化財団
search contact sitemap privacy policy