home
THE SAISON FOUNDATION
最新情報
助成申請
セゾン・アーティスト・イン・レジデンス
事業の内容
森下スタジオ
viewpoint
過去の事業検索
セゾン文化財団について
法人賛助会員の募集
アクセス
助成対象者向け書類ダウンロード
ヴィジティング・フェロー
選考過程・選考基準
申請手続き
募集要項

レア・モロ

(スイス) 

振付家・ダンサー
2019年2月18日(月)−3月12日(火) 滞在

リサーチ概要

テーマ:

Sketch of Togetherness

内容:

「出会い」を探求するプロジェクト、「Sketch of Togetherness」の創作を目的に、日本の様々な職業のリサーチを実施。滞在中、整体師や鍼灸師、美容師を訪問し、それらの職業の理解を深めた。また、鎌倉の寺社や澤井の酒蔵を訪問。日本の振付家やダンサーとも面会し、交流を深めた。

活動実績

2019年2月18日

来日

2019年2月19日‐
3月11日

整体師や鍼灸師、美容師を訪問
鎌倉の寺社や澤井の酒蔵を訪問
アーティストや舞台芸術関係者と面会

2019年2月21日

パブリックトーク 森下スタジオ

2019年3月12日

帰国

パブリックトーク
パブリックトークの開催概要

日時

2019年2月21日(木) 19:00-20:30

場所

森下スタジオ Bスタジオ

タイトル

Encounters as an artistic strategy

パブリックトークの内容

これまでのレア・モロの振付作品とともに、芸術的な視点から「出会い」を探求するプロジェクト「Sketch of Togetherness」の創作プロセス、東京でのリサーチ・プロジェクトのアイデアを紹介するプレゼンテーションを行った。

プロフィール英語表記:Lea Moro
振付家、パフォーマー。現在、ベルリンとチューリッヒを拠点に活動する。Scuola Teatro Dimitri(イタリア)、LABAN Centre London(英国)で演劇やダンスを学び、Inter-University Centre for Dance Berlin (HZT)で学士号を取得する。2013年に初演されたソロ作品『Le Sacre du Printemps, a ballet for a single body』はHAU Hebbel am Ufer BerlinやSophiensaele(ベルリン)で上演。また、2015年に初演したグループ作品『(b)reaching stillness』はGerman Dance Platform 2016やSwiss Dance Day 2017で紹介され、Arsenic(ローザンヌ)、ImPulsTanz(ウィーン)等の欧州有数の劇場やフェスティバルにツアーされた。ダンス誌「tanz」の2015年の年鑑で才能ある振付家の一人にノミネートされた。2015/2016年、K3 - Centre for Choreography のレジデンシー・アーティスト。2017/2018年、Tanzhaus ZurichのYoung Associated Artist Programmeのアーティスト。
https://www.leamoro.com/



PDF をご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の Adobe(R) Acrobat(R) Reader が必要です。

ページトップへ

公益財団法人セゾン文化財団
search contact sitemap privacy policy