home
THE SAISON FOUNDATION
最新情報
助成申請
セゾン・アーティスト・イン・レジデンス
本年度の事業
森下スタジオ
viewpoint
セゾン文化財団について
過去の事業検索
アクセス
リンク
助成対象者向け書類ダウンロード
ヴィジティング・フェロー
選考過程・選考基準
申請手続き
募集要項

リー・レンシン

(マレーシア)

ダンス・アーティスト
2020年3月4日(水)−3月25日(水) 滞在

リサーチ概要

テーマ:

Bodies and Borders

内容:

鳥公園を主宰する劇作家、演出家の西尾佳織とのコラボレーションのリサーチとして、ボルネオ島のサンダカンやその他の都市に出稼ぎに行った「からゆきさん」をテーマに、山崎朋子のノンフィクション『サンダカン八番娼館』の舞台となった天草諸島や島原半島を訪問調査。また、釜ヶ崎や新長田、若葉町を訪問し、身体とボーダーやコミュニティの関係性について経済や労働の視点からリサーチを行った。

活動実績

2020年3月4日

来日

2020年3月5日‐
3月24日

天草諸島や島原半島、釜ヶ崎、新長田、若葉町を訪問調査 アーティストや舞台芸術関係者と面会

2020年3月25日

レジデンス終了

プロフィール英語表記:Lee Ren Xin
シンガポールのNanyang Academy of Fine Artsやニューヨーク州立大学パーチェス校でダンスを学ぶ。ニューヨークを拠点に活動するLeeSaar The Companyに参加後、マレーシアやシンガポールを中心にソロやコラボレーション作品を発表。また、Dancing In Asia(インドネシア)やフェスティバル・ボム(韓国)、International Young Choreographers Project (台湾)などのプロジェクトやフェスティバルに参加。日本では、フェスティバル/トーキョーやTPAM2020で作品を発表。2018年、シアターコモンズで発表されたマーク・テ/ファイブ・アーツ・センター 『バージョン2020:マレーシアの未来完成図』、第3章にも出演している。




ページトップへ

公益財団法人セゾン文化財団
search contact sitemap privacy policy