森下スタジオ
HOME 公益財団法人セゾン文化財団

スタジオ概要
イベント情報
設備詳細
空き状況
各種書類
アクセス
イベント情報
イベント情報一覧+
イベント情報詳細+

※下記イベントの詳細は、団体名にリンクされた各サイトをご覧ください。
レジデンス・イン・ 森下スタジオ
ヴィジティング・フェロー オープンスタジオ&ディスカッション

公益財団法人セゾン文化財団
[ 期 間 ]

2020年3月24日(火)  17:00 ― 18:30

[ 内 容 ] Lee Ren Xin
「Navigating Living: A Land with No Body」
リー・レンシン(マレーシア) 西尾佳織(日本)

ダンス・アーティスト、リー・レンシンは、2018年にマレーシアとシンガポールで鳥公園を主宰する劇作家、演出家の西尾佳織と「からゆきさん」に関するリサーチを行い、現在、そのリサーチを深めるために来日しています。約3週間の滞在中、島原と天草でフィールドワークを行い、また横浜、京都、大阪、神戸を訪問し、地域やコミュニティと向き合い活動するアーティストと面会する予定です。オープンスタジオでは、リサーチで収集した素材をもとに西尾佳織との共同作業の成果をトライアルとして共有し、また、ディスカッションを行います。

■ 開催日時 2020年3月24日(火)  17:00 ― 18:30
■ 開催場所 森下スタジオ 
詳細はこちらのチラシをご覧ください。

※ 新型コロナウィルス感染症への対応として、政府および諸関係機関からの情報収集を行い、感染拡大の防止に最大限の注意を払いながら実施いたします。感染拡大の防止についてはお客様にもご協力をお願い申し上げます。
・手洗いと手指の消毒、うがい、咳・くしゃみエチケット(マスク着用等)
・発熱や咳等の症状がございましたら、ご来館をご遠慮ください。
また、当スタジオでは次の予防策をとっています。
・受付スタッフのマスク着用
・消毒液の設置
・共用スペースの換気

※受付開始は開始時間の15分前を予定しております。
※万が一ご予約のキャンセル・変更等がございましたら、お手数ですがご連絡をお願いいたします。
令和元年度文化庁 「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」
[ 参 加 費 ] 無料
[ 申込方法 ]

森下スタジオまでEmailまたは電話でお申し込みください。
↓↓↓
E-mail: residency(アットマーク)saison.or.jp
※件名を、「3月24日オープンスタジオ申込み」 とし、
本文に 1)お名前, 2)職業, 3)参加人数, 4)連絡先, 5)このイベントをどのようにお知りになったか, をご記入ください。
TEL:03-3535-5566 (受付・平日 10:00〜17:00)




新聞家 「保清」 (オープンスタジオ)
新聞家

[ 期 間 ]

2020年2月23日― 3月2日

[ 内 容 ]

彼女は前に
何度か簡単
に包んだ試
供品の集ま
りをくれた

日時| 2020年2月23日(日)― 3月2日(月)
会場|森下スタジオ

詳細は下記ウェブサイト等をご確認ください。
https://sinbunka.com/

[ お申込:問合せ ]



「HOMO」 学生対象オープン・リハーサル
OrganWorks

[ 期 間 ]

2020年2月22日

[ 内 容 ]

ダンスを学ぶ学生の方のために、2020年3月KAATにて上演する新作「HOMO」のリハーサルを、特別公開いたします。本作品の創作過程を公開にすることによって、OrganWorksの真髄に触れていただけます。明日のダンスを築いてゆく皆様の感性を刺激し、創作意欲の糧になることを目指しています。
日時: 2020年2月22日(土) 18:30 – 20:30
会場 :森下スタジオ

詳細は下記ウェブサイト等をご確認ください。
https://theorganworks.com/2019/12/06/homo/

[ 料 金 ]  無料 (限定15名、保護者の同伴不可)
[ お申込:問合せ ]

[ お申込 ] :
参加ご希望の方は、件名に、『学生対象オープンリハーサル参加希望』と明記の上、申込者氏名、連絡先お電話番号、学年、参加希望日、参加人数をメールにて下記アドレスまでお送り下さい。
[ お申込・問合せ ] :
info(アットマーク)theorganworks.com



レジデンス・イン・ 森下スタジオ
ヴィジティング・フェロー パブリック・トーク

公益財団法人セゾン文化財団
[ 期 間 ]

2020年2月18日(火)  19:00 ― 21:00

[ 内 容 ] Maxime Kurvers
「演技の理論と実践(1428-2020):日本編」
- 演劇における俳優の役割や人物像に問いを投げ掛ける、グローバルな演技理論の言説を探る -

フランスを拠点に活動する若手演出家、マキシム・キュルヴェルスは滞在中に新作、『演技の理論と実践』の創作の一環として、日本の伝統芸能における演技や演者の役割に関するリサーチを行います。同作は演劇における俳優の役割や人物像に問いを投げ掛ける、グローバルな演技理論の言説をデータベースとするアイデアを出発点とする作品で、欧米の近現代の演劇とともに、それ以外の国や地域の伝統的な舞台芸術や近現代の演劇を対象としています。
アーティスト・トークでは、「演技の理論と実践(1428-2020):日本編」の構想とともに、日本の伝統芸能における演技や演者の役割に関するリサーチのプロセスと成果を紹介します。

■ 開催日時 2020年10月18日(金) 19:00 ― 21:00
■ 開催場所 森下スタジオ 
詳細はこちらのチラシをご覧ください。

令和元年度文化庁 「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」
[ 参 加 費 ] 無料
[ 申込方法 ]

森下スタジオまでEmailまたは電話でお申し込みください。
↓↓↓
E-mail: residency(アットマーク)saison.or.jp
※件名を、「2月18日パブリック・トーク申込み」 とし、
本文に 1)お名前, 2)職業, 3)参加人数, 4)連絡先, 5)このイベントをどのようにお知りになったか, をご記入ください。
TEL:03-3535-5566 (受付・平日 10:00〜18:00)




Co. Ruri Mito オープンスタジオ
Co. Ruri Mito

[ 期 間 ]

2020年 2月9日

[ 内 容 ]

TPAMフリンジ登録プログラムとして、Co. Ruri Mitoの新作のワークインプログレスを公開します。

日時:2月9日(日)13:00 - 13:45
※受付開始12:30 -

場所:森下スタジオ
詳細はウェブサイトにてご確認ください。
http://rurimito.com/#news

[ 参加費 ] 1,000円  (受付精算のみ)
[申込・お問合せ]
参加ご希望のかたは、こちらの申込フォームよりお申し込み下さい。
お問合せ:rurimito.co(アットマーク)gmail.com



【データで読み解く小劇場演劇】 報告会・ワークショップ
REMAP

[ 期 間 ] 2020年1月25日(土)
[ 内 容 ] 2019年度セゾン文化財団の「創造環境イノベーション」助成を受け、小劇場の観客層を定量的に調査し、分析結果をまとめました。結果を共有するとともに、参加者のみなさまと新たな創客に繋げる一歩を考える報告会&ワークショップを開催します。一部のみの参加も歓迎です。ぜひ奮ってご参加ください。

演劇界には長年、観劇者がどういう履歴を持つ人なのか、何に期待して劇場に足を運んでいるのかがわからないという課題がありました。各劇団・劇場はそれぞれアンケートを実施してきましたが、大規模な定量調査でのアンケートはこれが初めてになります。
・劇場に足を運んでいる人々は何に惹かれ、何を求めているのか
・過去に観ていたが今は観なくなってしまった人々は、劇場に対して何を思っているのか
・新たな観客を作っていくために、制作者、劇場責任者は何を提案していけばいいのか
様々な切り口から結果データを読み解き、豊かな体験を生み出す空間として劇場が果たす役割再考のための足掛かりになればと思います。

日時|1月25日(土) 14時-17時 (開場は30分前)
プログラム|
14:00-15:15 企画説明と結果分析の共有、質疑応答
15:15−15:30 休憩
15:30-16:30 グループディスカッション
16:30−16:50 共有
17:00 終了

場所|森下スタジオ
詳細は、下記ウェブサイト等をご確認ください。
https://www.facebook.com/events/1064941167212447/
[ 参加費 ] 無料  (定員|先着順 30名)
[ 申込み・
お問い合わせ ]
申込|人数の事前把握のため、お手数ですが下記フォームよりお名前とご連絡先をお書きの上、お申込みください。
https://forms.gle/6hqGWZvh8VJpoxKp9
お問い合わせ先|
chisato.sone[アットマーク]gmail.com (REMAP 代表 曽根)



「見立てる」 リクリエーション・ワーク・イン・プログレス
Company Derashinera

[ 期 間 ]

2019年12月25日

[ 内 容 ]

2020年2月デラシネラ新作『どこまでも世界』に向け、ある時間を設けたいと思います。
デラシネラはマイムから出発し、「ジェスチャー」とほど近いところにあって、表現として吹かれ飛んでしまうようなところにあります。普段の稽古では、ジェスチャーか否かについて度々議論します。その「立ち方」「目線」「間」「角度」・・・は、ジェスチャーなのでは?ジェスチャーが内包する「伝えよう」ではなく、素朴に点と点でイメージの提起を試みたい。行間を観る側にゆだね、日常に肉薄する知ってるつもりで知らない世界の表出ができないか。観る側が、目を凝らしそばだて感じ取るひそやかさ。その度合いについての一考察の時間を作れないかと思います。
破壊から気づく何か、知らず知らず想定内な中、答えを持たず突破口にまず穴をあけてみよう、というところです。音ではなく、身体が場を支配する。記憶の共有が、場を形作る。
以上を踏まえ、今企画の試みは下記二点です。終了後、アフタートークの時間を設けます。
※『見立てる』を使用・2019年2月のげシャーレ/横浜ダンスコレクション2019にて初演(台詞のない作品です)
1.全編無音。
2.出演者4名のうち1名、ろう者のダンサー雫境氏の参加(初演で小野寺のパート)
この時間への参加者を募集します。皆様のご参加、心よりお待ちしております。 ______________________ 小野寺修二

日時: 2019年12月25日(水) 19:00〜
会場 :森下スタジオ
詳細は下記ウェブサイト等をご確認ください。
https://derashinera.jp/activity/mitate_rwip2019/

[ 参加費 ]  1,000円 (要予約・当日精算)
[ お申込:問合せ ]

詳細は下記ウェブサイトにて(定員に達し次第、受付終了)
https://derashinera.jp/activity/mitate_rwip2019/



「Museum of Human E-motion」
参加アーティストによるワークショップ開催

公益財団法人セゾン文化財団
[ 期 間 ]

2019年12月19・20日 19:00 ― 21:00

[ 内 容 ] 「Museum of Human E-motion」は、イタリアのコムーネ・ディ・バッサーノ・デル・グラッパ、フランスのラ・ブリケトリーヴァル・ド・マルヌ国立振付開発センター、台湾の衛武営国家芸術文化センターと提携するダンス交流事業です。振付家・ダンサー、岩渕貞太、Sorour Darabi(イラン/フランス在住)、Masako Matsushita(イタリア)、Ming-Hwa Yeh(台湾)が参加。身体とオブジェをテーマにレジデンシーを行い、2019年12月現在、森下スタジオに滞在中です。参加アーティストのワークショップを、是非ご体験下さい。

2019年12月19日(木) 19:00−21:00
ソルール・ダラビ (フランス/イラン)
「脆弱性のワークショップ」 (日英逐次通訳有)
2019年12月20日(金) 19:00−21:00
マサコ・マツシタ (イタリア)
「THINMOBO」 (日英逐次通訳有)

■ 開催場所 森下スタジオ 
お申込詳細はこちらのチラシをご覧ください。

令和元年度文化庁 「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」
[ 参 加 費 ] 無料 (定員各15名・先着順)
[ 申込方法 ]
お申込詳細はこちらのチラシをご覧ください。
(先着順/締切は前日の正午まで)




KUNIO15 『グリークス』プレビュー公演
KUNIO

[ 期 間 ]

2019年11月1日・2日

[ 内 容 ] 10時間のギリシャ悲劇一挙上演!
人間と神、正義と過ち、秩序と混沌が入り乱れる一大狂宴演劇。
___________________________________
KUNIO15 『グリークス』プレビュー公演
編・英訳:ジョン・バートン , ケネス・カヴァンダー
翻訳:小澤英実
演出・美術:杉原邦生
日程:2019年 ―
第一部 11月1日(金)13:00
第二部 11月1日(金)17:00
第三部 11月2日(土)13:00
※プレビューは劇場での公演ではございません。あくまでも京都、神奈川公演へ向けてのプレビューです。一部、舞台美術や演出などが京都・神奈川公演とは異なる場合がございます。ご了承の上ご購入いただけますようお願い申し上げます。
※未就学児の入場はお断りします。

会場:森下スタジオ
詳細は団体ウェブサイト等をご確認ください。
http://www.kunio.me/news/

[ 料 金 ] チケット料金[全席自由]
全三部通しチケット 9,000円
各部チケット 5,000円
[ 申 込 ]
詳細はウェブサイトをご確認ください。
問い合わせ:info(アットマーク)kunio.me



レジデンス・イン・ 森下スタジオ
ヴィジティング・フェロー パブリック・トーク

公益財団法人セゾン文化財団
[ 期 間 ]

2019年10月18日(金)  19:00 ― 20:30

[ 内 容 ] Taufik Darwis
「Open Up The Spectrum: インドネシアの次世代の舞台芸術の最新状況 」

インドネシアのBPAFの共同創設者で、ドラマトゥルクとして活動するタウフィック・ダルウィスによるトーク。インドネシア・ダンスフェスティバル、シアター・ガラシ/ガラシ・パフォーマンス研究所のキャバレー・ハイリル・プログラム等を事例に、インドネシアの次世代のアーティストの表現や活動状況を紹介します。
皆様お誘いあわせの上、ご参加くださいますようお願いいたします。

■ 開催日時 2019年10月18日(金)  19:00 ― 20:30
■ 開催場所 森下スタジオ 
詳細はこちらのチラシをご覧ください。

令和元年度文化庁 「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」
[ 参 加 費 ] 無料
[ 申込方法 ]

森下スタジオまでEmailまたは電話でお申し込みください。
↓↓↓
E-mail: Taufik2019(アットマーク)saison.or.jp
※件名を、「10月18日パブリック・トーク申込み」とし、
本文に 1)お名前, 2)職業, 3)参加人数, 4)連絡先, 5)このイベントをどのようにお知りになったか, をご記入ください。
TEL:03-5624-5951 (森下スタジオ 10:00〜21:00)




「次世代の芸術創造を活性化する研究助成」公募説明会
公益財団法人セゾン文化財団
[ 期 間 ]

2019年9月26日(木) 

[ 内 容 ] 「次世代の芸術創造を活性化する研究助成」の説明会を開催いたします。説明会では、本研究助成事業の概要、申請要件、スケジュール、助成対象経費、注意事項などについて説明いたします。
また、説明会とともに、株式会社ニッセイ基礎研究所の主任研究員の大澤寅雄氏をゲスト講師として招き、調査研究や提言の基本的な考え方や手法について概説するレクチャー「調査研究の基本と提言への応用」を開催します。
___________________________________
■日時:
2019年9月26日(木) 15:00〜17:00
第1部15:00-15:30 
公募説明会及び質疑応答 
第2部15:30-17:00 
レクチャー「調査研究の基本と提言への応用」 
ゲスト講師:大澤寅雄氏 

■会場:森下スタジオ
■参加費:無料 (要申込)
説明会の申込詳細は下記PDFをご参照ください。
→ kenkyujosei2020.pdf



Asia Butoh Tree Team Asia ワークインプログレス in 森下
東雲舞踏 — 川本裕子プロデュース

[ 期 間 ]

2019年9月13日

[ 内 容 ]

<『Asia Butoh Tree』舞踏を世界へ発信するプロジェクト>
「Asia Butoh Tree Team Asia」の、これまで行ってきた成果と、2020年の共同作品制作に向けたワークインプログレスの発表。

出演:Leow Hui Min(マレーシア)、Ariya Theprangsimankul(タイ)、 東城真己(日本)、Ladda Congdach(タイ)、加藤みのり(日本)、Choy Wan Lee(マレーシア)、川本裕子(日本)、他
___________________________________
2019年
9月13日(金) 16:00開始
内容:ワークインプログレス終了後に、意見交換と交流会を実施
会場:森下スタジオ
詳細はウェブサイト等にてご確認ください。
https://shinonomebutoh.jp/
https://www.facebook.com/Butoh.Shinonome/

Work in progress for Team Asia's 2020 performance
Date:13 Sep.2019.4:00pm
There is an exchange party after work in progress.
Venue:The Saison Foundation Morishita Studio
3-5-6 Morishita Koto-ku Tokyo
Participation Fee: 1000yen for the exchange party
Supported by The Saison Foundation

[ 参加費 ] 見学料無料/ 交流会のみ参加:1,000円
[申込・お問合せ]

東雲舞踏:TEL 03-6458-5908
info(アットマーク)shinonomebutoh.jp



伊藤キム集中ワークショップ+インプロJAM
GERO

[ 期 間 ]

2019年9月9・10日、13〜15日

[ 内 容 ]

■ 伊藤キム集中ワークショップ
伊藤キム独自の技術・身体感を共有しながら身体をとことんまで追い込み、GERO流の声・言葉との関係を深く探る。
日時:9月13日(金) 19:00 - 21:30
9月14日(土) 13:00 - 17:00
9月15日(日) 13:00 - 17:00
定員:各回20名程度
___________________________________
■ インプロJAM
ダンサー・俳優・音楽家・小説家・詩人・画家・写真家など誰でも参加可能! GEROメンバーが進行役となり簡単な打合せなどを交えながら、集まった人たちで即興セッションを行います。
日時:9月9日(月)・10日(火) 19:00 - 21:30
※ 飛び入り可能ですが、できるだけ事前予約をお願いします。

詳細は下記ウェブサイト等をご確認ください。
http://gero.kim/information/

[ 参加費 ] 各クラス¥3,000〜¥4,000、3日間通し¥10,000
インプロJAMは¥500
[ ご予約
 お問合せ ]

《申し込み方法》
e-mail: info(アットマーク)gero.kim
詳細は下記ウェブサイト等をご確認の上、お申込みください。
http://gero.kim/information/



『ペール・ギュントたち』 関係者向けワーク・イン・プログレス発表会
Teater Garasi
[ 期 間 ]

2019年9月6日(金)  18:30 ―

[ 内 容 ]

創作過程の試演(約60分)と、プロジェクトメンバーとお客様を交えて対話の時間
進行は英語で行われます。ただし本試演は参加者の使用言語に関わらずお楽しみいただきたい

と、アーティストからメッセージがきております。

Peer Gynts - Asylum's Dreams
Work in Progress and Open Discussion for the Tokyo Phase
6 September 2019, 18:30- @ Morishita Studio (3-5-6 Morishita, Koto-ku, Tokyo)
********************************
『ペール・ギュントたち』
関係者向けワーク・イン・プログレス発表会

■ 開催日時 2019年9月6日(金)  18:30 ―
■ 開催内容 Work in Progress 及び Open Discussion
■ 開催場所 森下スタジオ(江東区森下3-5-6) 
詳細は、こちらをご覧下さい。→ Peer Gynts_WIP_Tokyo.pdf

このプロジェクトについて/About this project, Multitude of Peer Gynts
Multitude of Peer Gynts — an inter-Asian (Indonesia, Japan, Vietnam, and Sri Lanka) contemporary theater collaboration project, initiated by Yudi Ahmad Tajudin (director) and Ugoran Prasad (dramaturg) of Teater Garasi, Indonesia.

• Decrypting Henrik Ibsen’s Peer Gynt, the project explores the machination of fear and anxiety in the context (and frictions) of new Empires as experienced in contemporary Asian spaces. The project looks at Ibsen's Peer Gynt as a courageous tactical manual of global mobility, border-crossing, drifting, and intentionally getting lost in the fear-mongering, anxiety-inducing world from the perspective of precariat subjects. That is: getting lost in the search for a new sense and a different kind of home.

• The second leg of the project, in Tokyo, is structured by applying Teater Garasi's devising approach in producing experimental theater works for the past twenty-five years. Built through a two-week long collaborative performance development workshop, the project is joined by a few of the most daring Asian contemporary artists today, in the likes of Takao Kawaguchi (performance artist-dancer-choreographer), Yasuhiro Morinaga (sound artist-music composer), all from Japan, Venuri Perera (choreographer-dancer) from Sri Lanka, and Nguyen Manh Hung (visual artist) from Vietnam, in a collaboration with Teater Garasi’s resident artists: Arsita Iswardhani, Gunawan Maryanto, Ignatius Sugiarto and Mohamad Nur Qomarudin.

[ 料金 ] 無料 / admission free
[ 予約/Reservation ]
E-mail:garasi@teatergarasi.org
予約者優先でお席をご用意します。件名(email title) を"September 6" として、氏名とご職業をローマ字でお送りください。
Limited seats, Please reserve with Name and Organization and/or occupation.



ワークインプログレスvol.2
糸井幸之介プロデュース 羽衣の俳優たちによるワークショップ2019

FUKAIPRODUCE羽衣

[ 期 間 ]

2019年8月31日(土)・9月1日(日)  

[ 内 容 ]

糸井幸之介プロデュース 
羽衣の俳優たちによるワークショップ2019
___________________________________
日程:
8月31日(土) 13:00〜18:00
気取った身のこなし研究!/憎みきれないぶりっ子!/・・
9月1日(日) 13:00〜18:00
ながら演技の極意!/セクシーボイス研究!/・・

対象:俳優(演技経験がある方)
会場:森下スタジオ C
詳細はウェブサイトをご確認ください。
https://www.fukaiproduce-hagoromo.net/

[ 参加費 ] 一日のみ:2,000円、両日:3,000円(実費として)
[申込・お問合せ]

https://www.fukaiproduce-hagoromo.net/ よりご確認下さい



ダンスフィルム上映会+意見交換会・勉強会
木村玲奈・鐘ヶ江歓一

[ 期 間 ]

2019年8月24日(土)・25日(日)

[ 内 容 ] 2012年より神戸、青森、横浜、東京、城崎、香港、豊橋と移動し、クリエーションと公演を続けてきたダンスプロジェクト「どこかで生まれて、どこかで暮らす。」(振付:木村玲奈)から派生したダンスフィルムの、上映会と意見交換会・勉強会を行います。2018年より美術作家(映像作家)の鐘ヶ江歓一をプロジェクトに迎え、愛知県豊橋市にて滞在制作を行った際、クリエーションの映像撮影に臨みました。

60分の上映会の後にはダンスが他者のカメラ(視点)によって解釈し直されることをテーマに意見交換会・勉強会を行います。その際今回の映像作品がどのような要因で完成に至ったか振付家の木村玲奈と美術家の鐘ヶ江歓一による報告も行います。ダンスを撮る主体、ダンスを見せる主体。ダンスを見せられる主体、ダンスを撮られる主体。一般的に舞台上で行われる表現をカメラで撮影することにどのような意義を見出せるでしょうか。上映したダンスフィルムを元に皆さんの自由な感想と意見の場を設けます。その上で同じ芸術分野であっても実際には異なる守備範囲を持つ人々が、如何に協働しうるのかそういった可能性も探る場になればと思います。

【日時】
2019年8月24日(土) 14時 / 19時
2019年8月25日(日) 14時
※上映時間60分+意見交換会・勉強会60分〜90分を予定 (途中退出可)

【会場】
森下スタジオ Bスタジオ

詳細は、下記ウェブサイト等をご確認ください。 https://dokouma.wordpress.com/performance-event/
https://youtu.be/z2rUvefzqyA
https://www.facebook.com/events/592013957993749/
[ 参加費 ] 上映会+勉強会参加費:1,000円 (途中退出可)
※参加費のお支払いは当日お願いいたします
[ 申込み・
お問い合わせ ]
017kimura (アットマーク) gmail.com
※人数把握の為、なるべく事前予約をお願いいたします。予約メールには、件名 : 上映会予約、本文 : 参加日、時間、お名前、人数を明記ください。



三東瑠璃WS <身体感覚を探るWS+ムービングデッサン>
Co. Ruri Mito

[ 期 間 ]

2019年8月10日〜13日

[ 内 容 ]

<身体感覚を探るWS> どなたでも参加可能!
自身のからだの中を巡っていきます。
からだの隅々まで意識できるようにしていきます。
集中力が必要になりますが、WS後の解放感や繊細な反応を実感頂けます。

<ムービングデッサン>  どなたでも参加可能!
身体感覚WS中のムービングデッサンです。プロアマ年齢問わず描きたい方を募集します。
___________________________________
日時:8月10日(土)・11日(日) 10:00 - 12:00
料金:身体WS 2000円/デッサン 500円
___________________________________
日時:8月12日(月)・13日(火) 15:00 - 17:00
料金:身体WS 2000円/デッサン 500円

会場:森下スタジオ
持ち物、申込方法など、詳細はウェブサイト等にてご確認ください。
https://www.facebook.com/RuriMito/

[申込・お問合せ]
https://www.facebook.com/RuriMito/
お問合せ:rurimito.co(アットマーク)gmail.com



東京国際ダンスワークショップ ReAction 2019
Dance Theatre Ludens

[ 期 間 ]

2019年8月10〜18日、9月2〜14日

[ 内 容 ]

TOKYO INTERNATIONAL DANCE WORKSHOP ReAction 2019
【TERM 1 : 8/10 -18】
*会場は全クラス森下スタジオC
A: LUDENS 3日間スペシャルWS
B: 森川弘和 3日間スペシャルWS
C: シュロミ・トゥイザー スペシャルWS

【TERM 2 : 9/2 -14】
*会場はクラスごとで異なり、森下スタジオではない会場もございます。ご注意ください。
D: イニャーキ・アズピラーガ スペシャルWS
D-3: イニャーキ・アズピラーガ ウィークエンドWS
E: イニャーキ・アズピラーガ リサーチプロジェクト

詳細・申込受付は団体ホームページ等をご確認ください。
http://dtludens.jp/pg17.html

[ 受講料 ] 詳細は団体ホームページ等をご確認ください。
[申込・お問合せ]
Dance Theatre Ludens
dtludens(アットマーク)gmail.com / 080-3028-5320



創造環境イノベーション「スタートアップ」助成事業報告会
公益財団法人セゾン文化財団
[ 期 間 ]

2019年7月5日(金) 【参加申込受付は終了しました】

[ 内 容 ] 「地域課題に対して演劇ができること
−アーティストと行政の連携による取組みの報告」

セゾン文化財団の助成プログラム「創造環境イノベーション」は、現代演劇・舞踊界の現在の問題点を明らかにし、解決を目指す事業を対象に公募しています。この度、2016−18年度の3年間の助成期間を終了した「スタートアップ」事業の報告会およびディスカッションを実施いたします。
本年度は、アートネットワーク・ジャパン「立川市南側エリア創客プロジェクト」、姜侖秀「インターナショナル・シェアハウス・照ラス」の二事業の報告を行います。それぞれ、東京都立川市と、岡山県真庭市で、アートNPOやアーティストが行政と連携し、演劇の手法を通じて、コミュニティーの活性化に取り組み、地域の人々の芸術への関心を高めることを目指しています。両事業の報告を受け、有識者を交えたディスカッションにより、成果と課題を共有します。
___________________________________
■日時:
2019年7月5日(金) 15:00〜17:00
■ プログラム
【 第 1 部 】
◇ アートネットワーク・ジャパン 「立川市南側エリア創客プロジェクト」 報告
◇ 姜侖秀(カンユンス) 「インターナショナル・シェアハウス・照ラス」 報告
【 第 2 部 】
◇ ディスカッション: 倉迫康史、姜侖秀、中村陽一 
(終了後、懇親会を開催)
■会場:森下スタジオ
■参加費:無料
お申込み方法など詳細は下記urlをご確認ください。【参加申込受付は終了しました】
http://www.saison.or.jp/topics/01a.html



振付家ワークショップ vol.2
S20, Somatic Field Project

[ 期 間 ]

2019年6月29日 - 8月24日(全13回)

[ 内 容 ]

振付家ワークショップ 参加者募集!
2019年6月〜8月に開催する振付家ワークショップの参加者を募集しています。振付経験者、未経験でも振付を試してみたい方、講義のみ受講したい方など、様々な参加形態を用意しています。ご応募お待ちしております。
申込締切:6月21日(金):但し上限人数に達し次第締め切り。)

【モデレーター】
梅田 宏明(振付家、ダンサー、ビジュアルアーティスト)
児玉北斗(振付家、ダンサー)
【ゲスト講師】
飯名尚人(映像作家・演出家・ドラマトゥルク・プロデューサー)
伊藤キム(ダンサー・俳優・振付家)
越智雄磨(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)
笠井叡(舞踊家)
木田真理子(ダンサー)
小?健太(ダンサー・振付家)
SKANK/スカンク(音楽家)
田野入涼子(梅田宏明プロダクションマネージャー)
丸岡ひろみ(TPAM in 横浜 ディレクター)
目澤芙裕子(ダンスカンパニーBaobab・フリーランスプロデューサー)
若林朋子(プロジェクト・コーディネーター・立教大学大学院教員)

【日時】
第1回 6月29日(土) / 第2回 6月30日(日)
第3回 7月 3日(水) / 第4回 7月 6日(土)
第5回 7月17日(水) / 第6回 7月20日(土)
第7回 7月24日(水) / 第8回 7月27日(土)
第9回 7月31日(水) / 第10回 8月 3日(土)
第11回 8月10日(土) / 第12回 8月17日(土)
第13回 8月22日(木) 〜24日(土)

【コース】
A・Bコース共に、作品の創作はワークショップの時間外に各自で行っていただきます。
・A(アドバンスド)コース:講義+10分程度の作品創作・発表
・B(ビギナー)コース:講義+5分程度の作品創作・発表(非公開)
・C(講義のみ)コース:講義のみ(Cコース対象表示のある講義)

会場:森下スタジオ
対象者・申込方法・参加料金など詳細は下記website等をご確認ください。
http://sfp.hiroakiumeda.com/?p=1357

[ 参加費 ] website等をご確認ください
[お問合せ]
Somatic Field Project (担当:田野入)
sfp(アットマーク)hiroakiumeda.com
https://www.facebook.com/somaticfieldproject/



新聞家のワークショップ 「家族の機縁」
新聞家

[ 期 間 ]

2019年6月23日 - 7月1日

[ 内 容 ] このたび新聞家は、二週続きのワークショップを開催します。このワークショップではタイトルを「家族の機縁」とし、家族を現象ととらえ、「いつ家族が起こるのか」を少し検証する場にしたいと考えています。また新聞家はこれまでの活動の中で、テキストの妥当な扱いについて根気強く実践と検討を繰り返してきました。というのも、演劇の上演の最中で、テキストは血肉として扱われることがしばしばあります。まるで栄養か経験かなにかにいつからか途端に変わってしまったみたいに。この刷り込みがどうしても肌に合わないので、私は他の仕方を延々と考えるようにしています。今回のワークショップもその一端です。(村社氏前文抜粋)

ワークショップ「家族の機縁」 (いずれも二週続き)
・日曜/ 昼の班(6月23・30日 10:30-15:00)
・日曜/ 夕の班(6月23・30日 16:00-20:30)
・月曜/ 昼の班(6月24日・7月1日 10:30-15:00)
・月曜/ 夕の班(6月24日・7月1日 16:00-20:30)

会場:森下スタジオ
詳細は下記website等をご確認ください。
https://sinbunka.com/ws_flesh
[ 参加費 ] 4500円 ※払い戻しの対応はできません。
[申込・お問合せ]
[お申込] https://sinbunka.com/ws_flesh
[お問合せ] sinbunka(アットマーク)gmail.com(小林)



セゾン・アーティスト・イン・レジデンス
アーティスト・トーク

公益財団法人セゾン文化財団
[ 期 間 ]

2019年6月15日(土)  14:00 ― 15:30

[ 内 容 ] 「MA Project
日本とオーストラリアの新しいダンス創作について構想を語る 」

西オーストラリア州立劇場のレジデント・ダンス・カンパニー、Co3 Australia の芸術監督、レイウィン・ヒルと美術家の吉本直子とスタートしたコラボレーション・プロジェクト、「MA Project」。滞在中、吉本直子との共同作業のほか、舞踏家の大野慶人の稽古を受け、また建築家の岡田哲史と将来の構想に向けた対話を重ねています。アーティスト・トークでは、これまでのCo3 Australiaの代表作とともに、本プロジェクトの創作プロセスをお話しします。

■ 開催日時 2019年6月15日(土)  14:00 ― 15:30
■ 開催場所 森下スタジオ 
詳細はこちらのチラシをご覧ください。

平成31年度文化庁 「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」
[ 参 加 費 ] 無料
[ 申込方法 ]

森下スタジオまでEmailまたは電話でお申し込みください。
↓↓↓
E-mail: air2019(アットマーク)saison.or.jp
※件名を、「6月15日パブリック・トーク申込」とし、
本文に 1)お名前, 2)職業, 3)参加人数, 4)連絡先, 5)このイベントをどのようにお知りになったか, をご記入ください。
TEL:03-5624-5951 (森下スタジオ 10:00〜21:00)




ダンサートリセツ開催!「聖獣 ― live with a sun ― 」
OrganWorks

[ 期 間 ]

2019年6月9日

[ 内 容 ]

【作品解説講座=トリセツ】
平原慎太郎が創作してきました作品の解説会を開き、コンテンポラリーダンスの新たな楽しみ方を模 索しようではないかという試みです。 過去のOrganWorks作品から1作品セレクトし、映像上映と共に平原慎太郎とOrganWorksメンバーが作品の文脈を紐解き、創作過程 での様子等を語り、作品の深淵を覗いていく企画です。 普段馴染みのないコンテンポラリーダンスの見方の一旦を提示するものとして企画いたしました。

今回は、2017年初演OrganWorksの代表作『聖獣 ― live with a sun ― 』をトリセツ致します。
今作品はトヨタコレオグラフィーアワード 2016において「次代を担う振付家賞」「オーディエンス賞」をダブル受賞し、 時を経てより深みと身体性を増し、待望の再演を全国で上演いたします。 過去に行ったトリセツでは主宰平原慎太郎による解説が組み込まれておりましたが、今回は初の試みである『ダンサートリセツ』というスペシャルバージョンです。再演を控えたダンサー達がダンサー目線で作品に抱くイメージを言葉にしていきます。 2019年夏の再演で新たに誕生する『聖獣』の骨格の形成をより深めるべく、各々が持つ『聖獣』のイメージを言葉にし、皆様と共有し たいと考えております。
ぜひお立会いください。
◇日時
2019年 6月 9日(日)14:00 – 16:00/ 18:00 – 20:00
登壇者 / OrganWorksメンバー
司会 / 大堀久美子 (編集者)

◇会場 :セゾン文化財団森下スタジオC
詳細は下記ウェブサイト等をご確認ください。
http://theorganworks.com/

[ 料 金 ]  一般 500円 / ** Orquesta&学生 無料
**Orquestaとは
ダンスカンパニーOrganWorksの公式サポーターズクラブ。
[ お申込:問合せ ]

[ お申込 ] :http://u0u0.net/ZkOt
[ 問合せ ] :info(アットマーク)theorganworks.com



鈴木ユキオ オープンクラス
YUKIO SUZUKI Projects

[ 期 間 ]

2019年3月29日

[ 内 容 ]

鈴木ユキオプロジェクトのオープンクラス。基礎のカラダ作りから、レパートリーワーク、クリエイションのヒントに繋がるワークまで、幾つかのプログラムを通して、カラダ・ダンスを再認識するクラスです。経験・年齢・国籍全て問いません。
いろいろなカラダ・感覚・意識を自由に旅するようなダンスの時間。丁寧にカラダや感覚を探求し、時に無邪気な子供のように、知らないことに飛び込みましょう。みなさんのご参加お待ちしています。

3月29日(金)19:00〜21:00
会場:森下スタジオ

詳細は下記ウェブサイト等をご確認ください。
http://www.suzu3.com/

[ 参加費 ] ¥2,000 ※定員:20名
[ ご予約 ]

kingyo.company(アットマーク)gmail.com



KUNIO14 『水の駅』
KUNIO

[ 期 間 ]

2019年3月27日〜31日

[ 内 容 ] 舞台には把手の壊れた水道管。
細く流れつづけている水。
そこを訪れ、やがてどこへともなく去っていく人々。
1981年、劇団転形劇場での初演以来、
国内外で高い評価を得て、上演が重ねられてきた「沈黙劇」の傑作を
2012年京都で上演されたKUNIO10『更地』に続き
二度目の太田省吾作品演出となる杉原邦生が、
“わたしたちの居場所の物語”
として現代〈いま〉へ、あらたに立ち上げます。。
___________________________________
KUNIO14 『水の駅』
作:太田省吾
演出・美術:杉原邦生
日程:2019年 ―
3月27日(水) 14:00★/19:00
3月28日(木) 休演
3月29日(金) 14:00★/19:00
3月30日(土) 13:00/18:00★
3月31日(日) 13:00
★の回はアフタートーク有り。予定・変更の可能性あり。
・受付開始は開演の20分前、開場は15分前。(前売券をお持ちの方は受付の必要ありません。開場時間までにご来場ください)
・チケットに表記される番号順にご入場となります。
・一般以外のチケットでご入場の方は、受付で証明書をご提示願います。
・演出の都合上、開演後のご入場はお断りする場合がございます。

会場:森下スタジオ
詳細は団体ウェブサイト等をご確認ください。
http://www.kunio.me/stage/kunio14/

[ 料 金 ] 前売一般3,500円・当日券4,000円
前売 U24割引2,500円・高校生以下割引1,000円 (KUNIOのみ取扱い。枚数限定)
 ※全席自由。未就学児入場不可。車椅子でご来場のお客様は事前にKUNIOまでご連絡くださいますようお願いいたします。
[ 申 込 ]
詳細はウェブサイトをご確認ください。
(チケットぴあ、KUNIO official website にて取扱い)
問い合わせ:info(アットマーク)kunio.me



集中舞踏ワークショップ in 東京
東雲舞踏

[ 期 間 ]

2019年2月16日〜20日

[ 内 容 ]

集中舞踏ワークショップ 5日間コース(東京)

ワークショップ内容:
「鋳型にはまる/鋳型からの解放」
土方巽の舞踏譜には、正確なフォルムと時間がある。
その舞踏譜を体験することで見えてくる、振付の先にあるものを探る。
講師:川本裕子

レクチャー内容:
「土方アーカイブ」所蔵の貴重な映像資料とお話
講師:森下隆/慶応義塾大学アート・センター「土方アーカイブ」
___________________________________
2019年
2月16日(土) 17:00〜21:00
2月17日(日) 17:30〜21:00
2月18日(月) 18:00〜21:30
2月19日(火) 18:00〜21:30
2月20日(水) 18:00〜21:30
内容:ワークショップ、レクチャー
会場:森下スタジオ
詳細はウェブサイト等にてご確認ください。
https://shinonomebutoh.jp/
https://www.facebook.com/Butoh.Shinonome/

[ 参加費 ] 一般:14,000円/ 学生:12,000円
[申込・お問合せ]
東雲舞踏 :03-6458-5908
info(アットマーク)shinonomebutoh.jp
<参加申込み方法> ご希望のコース、住所、氏名、年齢、電話番号を東雲舞踏までご連絡ください。



大橋可也&ダンサーズ「ザ・ワールド2019」
出演者・リサーチャー募集ワークショップ

大橋可也&ダンサーズ

[ 期 間 ]

2019年2月9日〜11日

[ 内 容 ]

日本のコンテンポラリーダンスの最前衛をひた走る大橋可也&ダンサーズが、ドラマトゥルク長島確とともに2013年から継続しているパフォーマンスプロジェクト「ザ・ワールド」。《土地の記憶を吸う吸血鬼》をモチーフに、江東区内でのリサーチに基づいてダンス作品をつくるプロジェクトです。
東京オリンピックを翌年に控えた2019年、あらたに始動する「ザ・ワールド」の出演者、リサーチャーの募集を兼ねたワークショップを開催します。テキストから振付をつくり上げていく過程は、ダンス、舞台芸術のみならず、すべての表現に関心を持つ人にとって貴重な体験となるでしょう。
多くのかたの参加をお待ちしています。
___________________________________
2019年
2月9日(土) 18:00〜21:00
2月10日(日) 14:00〜17:00
2月10日(日) 18:00〜21:00
2月11日(月・祝) 14:00〜17:00
※1回だけの参加、見学も可能です。
会場:森下スタジオ
詳細はウェブサイト等にてご確認ください。
http://dancehardcore.com/

[ 参加費 ] 1回:2,000円/ 通し:4,000円
[申込・お問合せ]
大橋可也&ダンサーズ
dancers(アットマーク)dancehardcore.com
<申込み方法>上記メールアドレスに
1.お名前(フルネーム) 2.ふりがな 3.当日連絡のつく電話番号 4.参加日 をご連絡ください。




『MeMe』ワークインプログレス+レパートリープレゼンテーション
Co. Ruri Mito

[ 期 間 ]

2019年1月18日〜20日

[ 内 容 ] Co. Ruri Mito新作『MeMe』のワークインプログレスとこれまで発表したレパートリーの中から数作品を組み合わせたプレゼンテーション。各回異なるプログラムで新作の創作過程、ソロ作品、グループ作品が堪能できる贅沢なプログラム。プレゼンテーション後、振付家、出演者を交えたレセプションあり。
新作公演『MeMe』の詳細はこちら
振付・構成:三東瑠璃
___________________________________
2019年
[プログラムA]
日時:1月18日(金)19時
[プログラムB]
日時:1月19日(土)14時
[プログラムC]
日時:1月19日(土)18時
[プログラムD]
日時:1月20日(日)14時
※『MeMe』ワークインプログレスの内容は創作中のシーン等です。

会場:森下スタジオ C
詳細はウェブサイト等にてご確認ください。
https://www.facebook.com/RuriMito/

[ 参加費 ] 事前予約 1,000円 当日 1,500円 ※全席自由
※席数に限りがあるため定員に達し次第販売終了になります。
※未就学児童入場不可
[申込・お問合せ]
https://www.facebook.com/RuriMito/
お問合せ:rurimito.co(アットマーク)gmail.com



MORISHITA STUDIO
セゾン文化財団 サイトマップ プライバシーポリシー